Loading...

学術大会

<申し込みスタート>第8回学術大会

学術大会

2024.02.29

本年も第8回学術大会を開催いたします。(会場及びオンライン開催)
医療従事者に限らず、一般の方や学生さん等、どなたでもご参加頂けます。

一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会
第8回学術大会

新しい治療の鍵
〜腸内フローラ移植が導く未来〜

2024年9月22日(日)
開始11時 (受付10時)~17時閉会予定

※総会:学術大会前に開催(会員限定)

※懇親会:17時30分開始
     どなたでも御参加いただけます。(先着100名限定)

会場参加される方、全員にお弁当を準備しております。

リーガロイヤルホテル大阪 
〒530-0005 大阪市北区中之島 5-3-68

アクセスはこちら
JR大阪からの無料シャトルバスはこちら
駐車場のご案内はこちら


このたび、一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会は、第8回学術大会を迎えることになりました。移植をお受けいただいた患者様、研究会に所属する医師をはじめ医療関係者、賛助会員の皆様、一般の皆様のご支援、ご協力の賜物と感謝申し上げます。
当研究会は、日本において民間として初めて、組織的に腸内細菌叢移植に取り組んで参りました。昨年5月には、当研究会に所属する医師らによって、5歳から12歳の自閉スペクトラム症のお子さんを対象に、従来法で一般的に用いられる抗菌薬を使用せずに「ナノバブル水(NanoGAS®水)を用いる新規糞便微生物移植法」(新規FMT法)の臨床研究を開始しました。この新規FMT法は、従来の方法とは異なり、前処置としての抗菌薬の投与や腸管洗浄を必要とせず、さらに従来の投与量の約1000分の1の少量の投与で効果を発揮する新しい技術です。
本年、私たちはこの特定臨床研究を無事に終えましたので、その結果を皆様にご報告させていただきます。研究の結果、新規FMT法は自閉スペクトラム症において有望な成果を上げました。また、これらの結果を世界に向けて発信するために、国際論文として発表する予定です。さらに、今後はがんや他の様々な疾患に対しても腸内細菌叢移植の臨床的検証を進めてまいります。
皆様方の多大なるご支援、ご協力を引き続きお願い申し上げます。
10:30  開場
11:00〜 <午前の部>
    開会の挨拶
    代表理事 田中 善(医療法人仁善会田中クリニック理事長)
    がん治療における腸内細菌叢移植の可能性
    萬 憲彰(医療法人医新会よろずクリニック院長)
    腸内細菌叢移植が有効であった乳がんの症例報告
    田中 善(医療法人仁善会田中クリニック理事長)
    気体を”飲んで”健康をサポート
    「水素NanoGAS®︎水」による酸化ストレス軽減効果と一般的な利活用
    森下 理咲子(シンバイオシス株式会社研究員)
    悪玉菌と呼ばれる菌たちへ
    〜あなたは「犯人」なのですか?腸内生態系のふしぎ〜
    山本 千尋(シンバイオシス株式会社主任研究員)
    腸内フローラ検査とがんの早期発見
    清水 真(シンバイオシス株式会社上席研究員)
    昼休憩(お弁当付き)
    企業紹介
    ランチタイムトークセッション
    「作る・食べる・笑顔になる ル・クッカーの魔法の時間」
    畠中 直美(チャレンジドLIFE代表)
    杉之原 千里(みいちゃんのお菓子工房代表)
    瀧 幸子 (一般社団法人こどもになる代表)
    <午後の部>
    基調講演
    「発達障がいを見て・視て・観て・診て・そして〜」
    平山 哲(ひらやま さとる)先生
    地方独立行政法人大阪府立病院機構
    大阪母子医療センター
    子どものこころの診療科 副部長
    自閉スペクトラム症に対する新規糞便微生物移植法の
    有効性と安全性に関する臨床研究結果報告
    城谷 昌彦(ルークス芦屋クリニック 院長)
    パネルディスカッションと質疑応答
    今後の取り組みについて(会員より)
    閉会の挨拶 
    専務理事 城谷 昌彦(ルークス芦屋クリニック 院長)

※発表内容や順番の変更がある場合があります

腸内細菌叢移植の可能性

がん治療における腸内細菌叢移植の可能性

萬 憲彰
医療法人医新会よろずクリニック 院長

がん治療において免疫力の重要性が注目されています。しかし、がんの予防、初期、進行、末期の各段階によって、適用される治療法は多岐にわたります。その中でも、腸内細菌叢移植(FMT)は新たな治療法として期待されています。本発表では、がんの各段階における(免疫)治療の選択肢とともに、特に腸内細菌叢移植がどのようにがん治療に寄与するかについて、最新の研究結果を交えた見解を述べます。腸内環境の調整が免疫力向上に与える影響と、その臨床的意義を検討します。

乳がんの症例報告

腸内細菌叢移植が有効であった乳がんの症例報告

田中 善
医療法人仁善会田中クリニック 理事長

がん治療に腸内細菌叢移植を加えることにより、がんの発症予防、他のがん治療法の効果を高めること、がんの再発・転移の予防、QOL(生活の質)改善の可能性があります。腸内細菌叢移植により免疫、代謝機能を改善し、がん患者さんに有用な治療法の一つになることを目指しています。今回は、乳がんの患者さんに腸内細菌叢移植を使用した症例を提示します。

水素NanoGAS®基礎研究

気体を”飲んで”健康をサポート 「水素NanoGAS®︎水」による酸化ストレス軽減効果と一般的な利活用

森下 理咲子
シンバイオシス株式会社 研究員

水中での長期安定性が知られる1μm未満の微細な気泡“ナノバブル“は任意の気体を封入することが可能である。シンバイオシス(株)は特許を取得した製造法でより長期に安定するナノバブルNanoGAS®︎を開発し、バブルの中に抗酸化作用を有する水素を封入し、一般的に摂取が難しい気体を“飲める“形状へと進化させた。NanoGAS®︎基礎研究では、水素NanoGAS®︎水の飲水による酸化ストレス軽減効果に関して、これまで得られてきた結果も含め、一般的な利活用への可能性について報告する。

悪玉菌と呼ばれる菌たちへ

悪玉菌と呼ばれる菌たちへ〜あなたは「犯人」なのですか?腸内生態系のふしぎ〜

山本 千尋
シンバイオシス株式会社 主任研究員

ばいきんまんは悪だろうか?
アニメや映画にはしばしば悪役が登場する。彼らはたしかに主人公サイドに害をなし、時にはそれを楽しんでさえいる。けれど、現実はもうすこし複雑だ。私たちは物事の「悪なる側面」を見つけると、その存在自体を「悪なるもの」と混同してしまいがちだけれど、実際はそうとも言い切れない。悪玉菌と呼ばれる細菌たちは、私たちに何をしているのか?彼らはいついかなるときでも悪なのか?彼らはどうしてそこにいるのか?複雑な腸内生態系を読み解く足がかりに、悪玉菌と呼ばれる菌たちを簡単に紹介したい。

腸内フローラ検査とがんの早期発見

腸内フローラ検査とがんの早期発見

清水 真
シンバイオシス株式会社 上席研究員

「腸活」が一般化し、菌に関する話題も日常的に耳にするようになりました。暗い検査室で細菌検査用の培地を作ったり、実習生のお世話をした日々を思い出すと、細菌や微生物のイメージが大きく変わったことを実感します。「クオラムセンシング」や「化学物質によるシグナル伝達プロセス」などの専門用語も一般に普及し、菌の能力や役割が再評価されています。腸内細菌は人の健康に欠かせない存在であり、彼らの共生を感謝し、その住環境を整えることが健康維持に繋がると考えます。暴飲暴食は、絶食絶水のもとなのです。フローラバランス検査の可能性についてお話しします。

ランチタイムトークセッション

「作る・食べる・笑顔になる ル・クッカーの魔法の時間」

今回のトークセッションは、作る楽しみ、食べる楽しみ、そして広がる笑顔、子供たちのために活動されている3人の女性の想いや経験をお話しいただきます。

登壇者プロフィール

畠中 直美
一般社団法人チャレンジドLIFE 代表

3兄弟、12才(自閉・知的)、7才、4才の子育て真っ最中。キャリアコンサルタント、ダイバーシティコミュニケーターとして、企業・官公庁での研修講師、コンサルティングを全国で行う。また、我が子の障害をきっかけにチャレンジドLIFEを設立し「発達障がいの目線で、みんなの生きやすさを叶える。」を理念に活動。企業と企業、企業と学校をつなぐ様々なプロジェクトの立ち上げに関わるとともに、2024年1月~3月放送の日本テレビドラマ『厨房のありす』に取材協力という形で関わるなど、多岐に渡り活動中。

登壇者プロフィール

杉之原 千里
みいちゃんのお菓子工房 代表

滋賀県在住。3人の子を持つ5人家族の母(みいちゃんの母)現役会社員。フルタイムで勤務しながら「みいちゃんのお菓子工房」を2020年1月プレオープン。本業の傍ら、ケーキ屋のオーナーとして家族以外とコミュニケーションが取れないみいちゃんをサポート。小学生でパティシエとしてお店を任せ、新聞、テレビ、雑誌、ドキュメンタリーなど多くのメディアに紹介される。2023年3月、みいちゃんが義務教育を卒業したのを機にグランドオープン。
これまでの経験を活かし若者向けの社会貢献活動も行う。企業や大学、自治体、教育関係者への講演実績多数。2024年6月「みいちゃんのお菓子工房」を開放し、子供達の学びの場としてスイーツキッズラボ体験事業を開始。
著書 『みいちゃんのお菓子工房』 12歳のパティシエ誕生  ~子育てのアンラーニング~

登壇者プロフィール

瀧 幸子
一般社団法人こどもになる代表
児童発達支援・放課後等デイサービス ル・クッカー 責任者
1981年生まれ鳥取県米子市出身の高2、高1、小4の三児母。
生活困難家庭や障がいある人たちとかかわる中で、当たり前が当たり前じゃない光景を目の当たりにし、「保育は人」だと痛感。フリー保育士となる。行政と民間の二本柱で、「誰かを一人にしない」実践を続けている。ル・クロのあたらしいカタチの福祉がモデルケースとなるよう企業等へも実践を届ける。困難家庭への支援・相談対応。こども×企業を繋ぐ社会科見学等実施。レストランが舞台の福祉事業の中で、障害ある仲間とこどもたち・親御さんを応援。理念「誰かを一人にしない」一番不安な部分に寄り添うことを大切にしている。

基調講演

「発達障がいを見て・視て・観て・診て・そして〜」

平山 哲 先生
地方独立行政法人大阪府立病院機構代表
大阪母子医療センター子どものこころの診療科副部長
長年の臨床医としての経験に基づき、「子どもを直接みる、子どものあらわしているものをみる、よく子どもを観察し、そして診断、その後に何を子どもと保護者へ伝えるか」ということを、「子どもをみることの大きな意味合い」という観点からご講演いただきます。

特定臨床研究結果報告

自閉スペクトラム症に対する新規糞便微生物移植法の有効性と安全性に関する特定臨床研究結果報告

城谷 昌彦
ルークス芦屋クリニック 院長

ルークス芦屋クリニック 城谷昌彦水素NanoGAS®水を使った新規FMTはASDの中核症状および周辺症状に有効性を示し、効果の持続、腸内フローラの多様生の維持が確認されました。これらの効果は菌液に水素NanoGAS®水を使用したことによるものと考えられます。今回は移植終了後の評価を含め、結果報告を発表します。

※登壇内容は確定次第、随時掲載いたします。

株式会社はっぴぃandプロジェクト様

親なき障がい者の未来をMAMORU『ゆいごん白書®』
障がいの子どもをもつ親御さんにとって一番の心配事は「自分たちがいなくなったら、この子はどうなるの?」。親なき『ゆいごん白書®』は、障がいのある人が周囲に理解され、支援を受けるための情報を、チェック形式で「シンプル・簡単・確実」に書き遺しておけるシートです。
https://yuigonhakusho.com/oyanaki.html

▼第7回学術大会 開催報告

▼臨床研究 お知らせ記事

関連サイト

TOPに戻る