Loading...

学会発表・原著論文

初の学会発表!「特殊菌液を用いた腸内フローラ移植」に注目

学会発表・原著論文

2018.06.04

6月2日から3日にかけて、淡路島の夢舞台にて「一般社団法人 日本先制臨床医学会」の第1回 創立記念大会・シンポジウムが開催されました。

腸内フローラ移植臨床研究会の理事 萬先生、評議員 田中先生が理事をされている学会とあり、当研究会のメンバーも多数参加しました。

シンバイオシス

がん・難病難民救済のストラテジー」と銘打たれた今回のシンポジウムでは、標準治療の枠にとらわれない、「見つける」「治す」ということに焦点を当てた最先端の研究が多数発表されました。

土台に基づき、ある程度仮説を立てること、それによる安全性の確保は基礎研究の担当です。

それが実際に病気を治していくのか?机上の空論ではないか?と確かめていくのが臨床研究の担当です。

今回のシンポジウムでは、基礎研究、臨床研究の双方の観点からの発表があり、安心感をもって実際の現場に応用していく機動力がありました。

がん難民

ステージの進んだ癌や、今の標準治療では治療法がない病気にかかった人たちは、医者に見放され、「難民」のように不安で行き場のない思いを抱えながら死を待つしかない現状があります。

シンポジウムに参加していると、
生きたい、治りたいと願う人たちに最後まで選択肢を提示し続けたい。
医師の方から匙を投げない。という医師・研究者たちの思いが直に伝わってきました。

医療学会

会場の外に設置されたブースでは、シンバイオシスの2人も腸内フローラ移植についてお話しさせていただきました。

腸内フローラ移植

腸内フローラ移植臨床研究会の評議員でもあり、田中クリニック 田中善院長も駆けつけてくれました。

田中善

研究会代表理事のライフクリニック蓼科 麻植ホルム正之先生にきて下さいました。

腸内フローラ移植

今回のメインイベント
研究会の常務理事 ルークス芦屋クリニックの城谷昌彦院長による、「特殊菌液を用いた腸内フローラ移植(糞便細菌叢移植)の有用性」の発表です。

腸内フローラ移植

城谷昌彦

特殊菌液の中身について、普段はお話できないようなことも公開させていただきました。

菌液に使用している水のこと、さらにこれまでの臨床報告も行いました。
同時に、今後臨床研究として進めていくにあたり、さらなる課題も見えた2日間でした。

菌液の有用性については現在マウス実験をすすめており、10月14日の腸内フローラ移植研究会の総会にはご報告できる予定です。
医療関係者の方も、健康に関心のある一般の方も参加可能です。

該当する記事はありません。

関連サイト

医療従事者向けサイト

TOPに戻る